サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生理痛が始まって | main | 現状の生理 >>

30〜34歳の生活習慣と生理の状況

 

30歳からRUN再開・・・フルマラソンを走るようになりました。

最初の方こそ、しんどくてなかなか走れない状態でしたが

夏を超えてからは、しっかり練習できるようになっていたかな。

さて、マラソンをやるうえで気になったのが体重ですよ!(^^ゞ

2001年5月に走り始めて、11月にフル、年明け1月の大阪国際女子マラソンに

出ることになり、少し減量をしました。

当時は、栄養士ではなかった頃。

痩せようと思うと、ご飯を減らすやり方をしていました。

レースの1か月ぐらい前のご飯量、かなり少なかったと思います。

重量で100gあるかないか くらい。

夜はおかずのみやったかと。

朝食はパン食でした。大抵食パンで。

実はパン、大好きだったんです(^^ゞ

 

 

練習に支障が出たかというと

その頃はそんなに感じてなかったような気がします。

30歳ってまだまだ体力ありますね、今思えば(笑)

 

生理痛はというと、20代と変わらずかなりきつい状態で

生理休暇なども利用したな〜

まだまだコンディショニングに疎かったので、記憶もあいまいですが

お腹、腰、子宮が痛いのが生理初日から3日間ほど継続

特に1日目と2日目がひどくて

出血量も多く、生理は1週間から10日間。

(出血が多いのは3日目まで)

周期もその時々で変化しますが、平均32日くらい

遅い時で40日くらい(20代の時と変わらず)。

 

手術の経験もあったので、1年に1回検査はしていました。

(別に会社で子宮がん検診は受けていた)

エコーも取って、内膜症などの問題は全くありませんでした。

 

当時、週に1回社内で10kmを全力で走る練習をしていました。

(変態練習とか言ってた(笑))

さすがに生理痛の時はしていませんが(^^ゞ

週末にロング走をやってたのかな。

これが30〜34歳の時のことです。

月間250から多い時で300km走ってましたね。

 

ちなみに、後々変化することなので記載しておきますが

私は紙ナプキン派でした、ず〜〜〜〜っと。

初潮から30代後半くらいまで。

タンポンも使ったことがなかったんです、それまでは。

タンポンはなんだか使うのが怖い!?って思ってたんかな。

でも、これが変わっていくのですあが、

それはまた後で。

PMS&生理痛 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする