サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 七号食アレンジバージョンにてデトックス | main | アスリートの貧血について >>

根性論ってどうなん?

私はフルマラソンの後半でカフェイン摂ることがあります。

多少元気になるかな と感じたり

カフェインは覚せい作用あるし、

足が残っていれば効果はあるかも・・・とかなんとか。

頭をすっきりさせるし、

一時的に利用するのはありかなと思ってます。

あくまで 足が残っていれば の話ですが(笑)

 

フルマラソンって最後は根性と違うん? 

と言われることがあるのですが

私にとってフルマラソンは根性ではないと思います。

これはマラソンに限らず、他のスポーツでもそうかな〜

 

私の考え方としては・・・

「フルマラソンのレースで根性論はない」

練習でへこたれないでがんばるのは、

ある種根性論なのかもしれませんが(^^ゞ

それはさておき

レースでの結果は、それまでの練習の積み重ね、集中力、

練習での自信などから生まれるものです。

後半に足が動かなくなる 

というのは誰もが経験したことあると思いますが

これは、根性ではどうしようもない ですね。

練習での経過、そこからペースが生まれる

前半速すぎたりしたら、やはり後半の脚が残らない。

脚が残ってなければ、それまでの練習やペースに

どこか問題があるはず なのですね。

 

でもでも、練習である程度の見極めができていて

前半の入りが妥当なものならば

走れる状態が後半も残ります。

これは根性ではなく、練習の結果 

ととらえています。

 

集中力も普段の練習で培うものであり

練習での集中力は、

日常の食生活や生活習慣から養われるものなのです。

だからこそ、ポイント練習はすごく大事。

私が日常的に一人でポイントを行うのはそこにあります。

もちろん、時と場合によって、

パートナーをお願いすることもあります。

それはそれで、意味があってお願いしています。

 

ちょっと話が逸れましたが

フルマラソンってやっぱり練習の結果

何度も言いますが・・・

最後は個人のそこまでの積み重ね

そして、

レース運びをいかにうまくできるか〜〜〜

なんだと思います。

それには、根性よりも何よりも

レースのための練習であり

その練習は最後の結果につながると思ってこなします。

そしてそして、私の食生活が土台となり、

練習をこなせる身体を作っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

RUN | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする