サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レースまでの練習と仕上がり | main | 食は身体の源なり >>

低体重と無月経と・・・

昨日某テレビ番組でやっていた内容です。

・・・お久しぶりです。
かなり空いてしまい、すみませんm(__)m

女子の長距離走や体操などの選手は体重を軽い方を求めます。
選手自身だけではなく、指導者の多くがそれであり・・・
特に強豪校と言われるチームほど、体重の軽さを選手に求めます。
10代前半、つまり思春期にその体重(BMIで17以下くらいでしょうが・・・)にすると
無月経になる可能性が高まります。
ある程度体脂肪がないと、月経は来ませんからね。
月経が来ないということは、女性ホルモンのエストロゲンがきちんと分泌されていないことにもつながります。
エストロゲンの働きの一つとして、カルシウムの吸収にかかわってきます。
つまり強い骨を作るためには、エストロゲンは非常に重要であるということ。

女子の成長期は10〜13歳くらいが最も顕著でしょうか。
遅い子でも15歳くらいまでかな。
この期間は、カルシウムを蓄積しようとする速度が最大になります。
その後、蓄積速度は低下しますが、まだまだ10代はカルシウムを骨に溜め込める時期。
25歳くらいが、骨密度のピークを迎えると言われています。

10代前半に極端に体脂肪が少なく、無月経の状態が続くと
将来、妊娠における問題や
骨密度が低くなってしまう可能性が高まります。
そして、そのような体で強度の高い練習を続けると
疲労骨折につながります。
脆い骨で無理をしたら、当然そうなりますよね。

テレビでも話していましたが、
昔はとにかく体重を軽く と言われていたが
今の時代、スポーツ科学が発達した現代でも
まだまだ体重を軽くすることを重視している指導者が多いと。

難しい問題です・・・
確かに長距離は軽い方がスピードが出る
体操は技も練習しやすい
スポーツの低年齢化が進んでいるなか
やはり今でも体重を〇kg以下に と指導する方は多いです。

しかし、マラソンの土佐選手などは
結婚後すぐに妊娠されました。
やはり現役時代は無月経だったようですが・・・
思うに、10代の頃はそれほど低体重ではなかったのかな。
もともと有名になられたのが、マラソンを始めてからですし
学生時代は、そこまで追い込んだ状態までやられていなかったのかと推測します。

やはり成長期の練習は難しい・・・
将来を目指すなら、まずは健康であること
正常な体の働きが必要かと考えます。






 
女性の悩み | permalink | comments(4) | - | - | -

この記事に対するコメント

はじめまして、いつも読ませて頂いてます。
私もマラソンをやっていて、2月のフルで3゜05′49″で国際資格ゲットしました。
私は10代の頃摂食障害で無月経の時期があり、徐々に良くなり今は結婚してひとり子供もいます。けれど未だに薬を飲まないと生理が来ません。
体脂肪率も17%前後で少なすぎることもないと思いますが、体重や体脂肪が戻っても自発的に来ないということもありますか?
実は一昨年、恥骨疲労骨折しました。そして2月のフルのあと、脛骨疲労骨折…。
この番組は私も見ましたが、やはり若い頃の無月経が関係あるのでしょうか?
まだまだマラソンを続けたいので、何か対策などあれば教えて頂きたいと思います。
お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
Kody | 2014/04/17 12:08 PM
Kodyさん 
コメントありがとうございます。

体脂肪率が17%なら十分生理が来る比率ですね。
やはり問題は10代にありそうです。

まず、恥骨骨折や脛骨の骨折について
10代で摂食障害ということで
一番骨を強くしなければいけないときに
全くできていなかった。。。
20〜25歳くらいで骨密度のピークが来ます。
Kodyさんは、人より骨密度が低いと考えられると思います。
ピークが低いために、それ以上には
今どれだけカルシウムをとっても
その時以上の骨密度にはなりにくいので
疲労骨折しやすいと言えます。

月経に関しては
視床下部性無月経と言って
ホルモン分泌がうまくいっていないのではないでしょうか。
こちらも若いころの食事が原因かと。

対策については長くなりますので、
またここのブログで書きますね。
あっこ | 2014/04/17 10:43 PM
あっこさま
何度も失礼します。早速のお返事ありがとうございます。
骨密度ですが、気になったので恥骨をやったときに調べたら、特に問題なしでした。
けどやっぱり影響があるのではと思い、骨代謝マーカーも受けましたが、こちらも異常値ではありませんでした。
婦人科での血液検査を改めてしたら、卵胞刺激ホルモンが更年期ほどではないが低いと言われました。
もし骨密度等が問題ないとしたら、やはりホルモンがキチンと働いていないということですよね。

私はスポーツが原因ではありませんでしたが、ほんとに10代の頃が悔やまれます。
ちゃんと知識があれば…。
やれることはなんでもしたいと思うので、記事よろしくお願いします。

kody | 2014/04/18 3:27 AM
kodyさん
骨密度に問題がなかったのは
良かったと思います。
もう過ぎてしまったことは仕方ないので
今できることを探して
がんばっていきましょう!
まずは前を向いて!(^^)!
あっこ | 2014/04/19 3:19 PM
コメントする