サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 体調変化に合わせる?! | main | 毎日のお弁当作り >>

体脂肪いろいろ・・・

女性の悩みか、減量の悩みか・・・
昨日、質問を頂いたので
それについて回答します。

以下のようなご質問でした。

〃豈嬶未増すと、体脂肪率は減りますか?
⊇性はあの周期があるので、体脂肪率は変動しやすいんでしょうか(*^^*)

脂肪を1キロ落とすのに、7000kcal分減らさないとと聞きますが、
 マラソンしていると、体脂肪はすぐ減るもんなんですか?

わかりやすいように3つに分けてみました。
まず,砲弔い
血液は人の体重の1/13、男性で8%、女性で7%程度です。
「血液量が増す」とお聞きしていますが
血液量は基本的に増えません。
増すのは血流量で、血流が早くなると、
血流が良くなると言われていることです。
妊娠期や透析患者さんなどは、血液量が変化しますが
健康な方はトータルの血液量は変わらず
循環血液量が変化するのですね。
つまり、血流量と速度が変わるために起こることです。
ということで、これによって体脂肪率が変化することはありません。

△砲弔い
女性の黄体期(排卵後から生理まで)は
体内に水分を溜め込む傾向があるため
体重が一時的に増加すると言われています。
まぁ人によっては食欲が増したりで、
本当に体重が増えてしまう人もいますが(^^ゞ
それは置いといて
水分が増えただけの体重増加では
体脂肪量は変化していません。
体重が増えたために、体脂肪率は一時的に減ります。
つまり こういうこと・・・
体重 50kg 体脂肪率 25%の人が
黄体期に入り むくんだ感じがあり
体重 52kg 体脂肪率 24% に変化した。
ということです。
両方の体脂肪量を計算してみると 12.5kgですね。
数日で体脂肪量が変化することはなく
見た目の体脂肪率が変化しているだけです。
生理が始まると、溜め込んだものが
一緒に排出されるので、体重も元に戻っていくはずです。

まぁそれでも、女性ホルモンによって
身体のバランスは崩れたり良くなったりするわけで
体重の減りやすい時期と増えやすい時期があるのは確かですね。

について
マラソンをしていると体重が減りやすい・・・(^^ゞ
持久系運動は、脂肪の燃焼効果は確かに高いです。
おしゃべりしながら走れる強度・・・このランニングを
長時間続けると脂肪と糖質の燃焼効率は
おそらく50%:50%です。
もちろんコレ1回だけでは、
体脂肪がいきなり1kg落ちることはありませんが
継続することによって、脂肪の代謝が良くなっていく
ことは間違いないでしょうね。

ちなみにフルマラソン1回で
体重60kgの人なら消費エネルギーが2600kcalくらいです。
それだけでは体脂肪1kgの燃焼は難しいです。
しかし、レース1本走ると、汗もかくし
当然体内のグリコーゲンも減っているので
レース直後の体重は減っていることが多いです。

以上、私なりに回答してみました。
また、このような質問などありましたら
ご連絡いただければ、お答えしま〜す。

本日の体重測定
昨日からマイナス0.4kg、 13日目でマイナス0.7kgでした。
結局戻りました…(笑)
女性の悩み | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする