あっこの台所

サブスリー管理栄養士の食卓日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鉄欠乏性貧血 検査項目 | main | 鉄欠乏性貧血 その3 >>

鉄欠乏性貧血 その2

 日付が変わるまでになんとか(^^;
2011年にも、私はひどい貧血になったので
それについての記事も書きました。
詳しくはこちら

フェリチンや血清鉄のことも書いてあるので
ここでは省略(笑)
値に関しても、しんどくなるところの個人差はあるかと思いますが
私の以前の血液検査もご参考にしてください。

貧血になったらどうするか・・・
まず医師の診察に基づいて
鉄剤を飲むor注射を打つor点滴を打つ
のどれかでしょうか。
私は鉄剤か注射で治療しました。

2011年のときは
かなりひどい状態だったので
鉄剤が朝晩1回ずつ
それが・・・ひどい下痢を起こし
すぐに朝だけに変え
注射で回復をはやめました。
鉄剤は、胃腸をあらすので、私には1日2回は無理でした。
夜も眠れない状態でトイレに走るということに・・・(ーー;)
注射は結構楽でしたが。。。
1ヶ月後くらいには回復して。
しかし、私の友達は
注射でもなかなか回復せず、かなり時間がかかったようです。
こちらも効果に個人差があるようで。

治療中の時は、あまりきつい練習はダメです!
走っても問題ないと思いますが
できる限り短時間で、無理ないように。
どちらにしても、貧血の時は、しんどい状態が続くので
きつい練習を無理にしても、いつものようには走れませんし
余計貧血を悪化させるだけ。
1〜2ヶ月の我慢なので、なるべく30〜40分くらいのジョグで
終わらせるのが良いでしょう。
市民ランナーさんは、どうしても無理しがちなのですが。。。
余計に貧血が長引くだけなので
ここは治療に専念してくださいね。

点滴はしたことありませんが
スポーツ内科の病院では、やっていただけると思います。
あ・・・これは注射が原因かどうかわかりませんが
鉄の注射をしたあと、なぜだか少しフラフラした感じがありました。
3回ほど打って、全て後でふらつきと気持ち悪いのが少々
すぐに回復しましたが。。。
きちんとした原因はわかりません。

スポーツ栄養・・・貧血 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする