サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アスリート、特定保健指導・・・ | main | 鉄欠乏性貧血 その2 >>

鉄欠乏性貧血 検査項目

久しぶりに専門的な話を(^^;

今週専門学校の授業で、鉄欠乏性貧血とその予防の食事について
話してきました。
私自身、貧血になりやすく
毎年この時期は検査を欠かせません。
(今年はまだ受けてないけど・・・)
長距離選手全般に多く、
実業団や高校生などの選手も、定期的に血液検査を受け
貧血がないか確認しているチームも多いです。

貧血になると、
練習で明らかに違いが見られます。
少し走っただけで、疲労感、脚のだるさなどが出てきます。
もちろん、タイムトライアルなどでは記録の低下が見られますね。
スポーツをしない方にとっては、日常生活で疲労感などが出始めたら
かなり重症の貧血状態です。
ただし、スポーツ選手の場合は、軽度の貧血でも
練習中に影響が出るので、わかりやすいでしょう。

貧血検査の項目は
赤血球、ヘモグロビン、血清鉄、フェリチン です。
血清鉄やフェリチンだけの減少でも(赤血球、ヘモグロビンは正常値)
パフォーマンスに影響する場合はあります。
私の場合は、フェリチンが減少するだけで
体調の変化(走ったときの変化)が出てきます。
スポーツをやっている方は、必ずこの4項目を検査してくださいね。

明日、引き続き貧血について記載します。
今日はひとまず終了(^_^;)





スポーツ栄養・・・貧血 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする