サブスリーできる食事はな〜に?

サブスリランナー・管理栄養士 岡田あき子のブログ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 貧血回復・・・のその後 | main | ようやくロング走 >>

鉄欠乏性貧血・・・追加事項

 貧血について、血液検査の値を何度か書きましたが
もう少し詳しく補足しておきます。

フェリチンですが、これは貯蔵鉄です。
字の通り、体内に貯められている鉄分。
そして、血清鉄は、血清中に含まれる鉄です。
これは、赤血球を作るときに使われたり
出血したときに、体外に出ていきます。
赤血球は、古くなったら破壊され処理されるので
また新しい赤血球が出来上がってきます。

食事での鉄分の不足がある場合
または、スポーツ選手で赤血球の破壊が激しい場合、
発汗により、鉄の排出が激しい場合など
血清鉄だけでは足りず、貯蔵鉄が使われていきます。
使われるばかりで補充がないと、貯蔵鉄も絶えてしまいますね。
鉄欠乏性貧血の一番最初は、フェリチンが
減少している状態です。
ただし、このとき、日常生活では貧血症状は出ません。
スポーツ選手の場合は、パフォーマンスが低下し始めます。
女性なら、フェリチン20以上は必要でしょうか。

このときに、鉄の補充を始めれば回復も早いでしょうが
そのまま気づかず、血清鉄まで減少していくことが
多いのです。
そして、赤血球やヘモグロビンの値も低下していく・・・
完全に、鉄欠乏性貧血の状態に陥ります。

とまぁ、こんな説明でお分かりでしょうか?
私の場合、食事も気をつけていること
4月からサプリメントでの鉄補充
6月からは病院で処方された鉄を服用しています。
赤血球などの値は確かに改善しましたが
鉄剤の量を少し減らしただけで
2ヶ月の間にフェリチンが一気に減っています。
この原因は???
他に何かわからない原因があるのかしら?
と少々心配にもなりますが。
今は、別の鉄剤を試し始めました。
これで良くなれば、しばらく継続してみます。

と、何か不安になるような内容になりましたが
今日は久々に気持ちよく走れました。
夕方、自分の練習にて
15km持続走 キロ4分半
7月8月のつけがあるので、
まだ無理は出来ませんが、
すっきり走ることが出来てご機嫌です♪
これで、徐々に距離を伸ばしていきましょ〜

明日は、ランニング&料理教室→ランニングクリニック
とダブルの練習会。
涼しくなってきたし、気持ちよく走れそうですねっ


スポーツ栄養・・・貧血 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする